カシオの電子ピアノ

セルヴィアーノシリーズ

カシオの電子ピアノは、他メーカーと比べると価格以上の性能があると評判☆
機能面重視ならカシオがお値うちでオススメ。


セルヴィアーノシリーズは3機種あり、音源・タッチ・鍵盤種においては
どれも同じものが採用されているので、ピアノのレッスンとして使用するならどれも同等でしょう。


ピアノ演奏以外でも幅広く楽しみたい方は、価格によって機能の付加があるので、
自分の欲しい機能があるか比較してみたほうが良いです。


AP-250BN


オープン価格
カラー:オークウッド調



セルヴィアーノシリーズでは一番ベーシックなモデル。


「 マルチ・ディメンショナル・モーフィングAiR音源 」では、88鍵盤全ての共鳴音をシュミレート。
グランドピアノの響きを徹底的に追求した、深くて豊かな共鳴音を実現しており、
ペダル使用時にも、音一つ一つ独立した共鳴音を実現しています。


「 3センサースケーリングハンマーアクション鍵盤II」では、低音域ほど重く、
高音域ほど軽くなるグランドピアノの特性を再現、
「 象牙調・黒檀調鍵盤 」で、高級感ある風格で、なめらかなタッチ感が実感できます。


機能面に強みを持つカシオだけに、この値段でもUSB端子が搭載されていることから、
パソコンに接続して、パソコン上の音楽データを楽器で再生することなどができます。


その他イス、ヘッドホン、譜面立て、楽譜集、ACアダプター(AD-A12150LW)も付属しています。


オープン価格となっていますが、ネットショップでは6万弱から9万円弱の価格帯となっています。
お子さんのピアノ練習やこれからピアノを始める方などに最適です。


AP-450BK / 450BN


オープン価格
カラー:ブラックウッド調、オークウッド調



ピアノ演奏が生で実感でき、音の広がりを体感できるモデル。
もしお値段が許されるのなら、セルヴィアーノシリーズではこのモデル以上がオススメ。


AP-450BK /450BNでは、「天板開閉構造」で、グランドピアノ大屋根を再現。
天板を開閉できる新構造により、グランドピアノのような、広がりある音で演奏ができます。


「リッドシミュレーター」では、デジタルで4段階でシュミレートし、開閉具合で音の変化を実感できます。
この機能は、発売されてからとっても好評で、開閉することによってとっても迫力あるサウンドが楽しめます。


最大同時発音数が256音あるので、ペダルを多く使うような曲でも余裕の対応。
20W+20Wの2ウェイ4スピーカーを搭載しているので、より迫力ある演奏を楽しむことができます。
そしてUSBメモリーにも対応しているので、データを保存しておくことも可能。


高低自在椅子にグレードアップしているので、家族で使用しする時やお子さんの成長に合わせて使用できます。
価格はネットショップで7万から10万円程度で販売しているようです。


AP-650MBK


オープン価格
カラー:ブラックウッド調



豊富な音色と自動伴奏機能が加わって、より演奏が楽しめるモデル。


グランドピアノやエレクトリックピアノ以外のベース音などの音色もグンと増えて、
250色に増加。ポップス、ジャズ、ロック、ピアノ伴奏などの
180内蔵リズム、10ユーザーリズムも加わって、
演奏中でもすぐに呼び出せるレジストレーション(計96セット)となっています。


「ミュージックプリセット(コード進行付き)」機能では、
簡単に幅広いジャンルの演奏が自分の思い通りできます。


「バックライト付きフルドット液晶画面」なので見やすく操作もしやすいです。


また、「天板開閉構造&リッドシミュレーター」に加えて、
AP-650Mのダンパーペダルは連続可変式を採用しているので、
ペダルの踏み込みによって変わる、余韻の変化など繊細に再現しています。


30W+30Wの2ウェイ4スピーカー搭載なので、とても迫力ある音で演奏できます。
価格は、ネットショップで10万から15万円程度で販売しているようです。


カシオのその他の電子ピアノ


ミニキーボード
ハイグレードキーボード
ベーシックキーボード
光ナビゲーションキーボードシリーズ
プリヴィアシリーズ



>>《最新版》電子ピアノおすすめランキングはこちら<<
価格帯別おすすめ電子ピアノ一覧

 

ヤマハの電子ピアノ

 

カワイの電子ピアノ

 

カシオの電子ピアノ

 

ローランドの電子ピアノ

 

KORGの電子ピアノ

 

電子ピアノ購入体験談

 

ピアノに関するコラム