ヤマハの電子ピアノ

Pシリーズ

コンパクトでスリムボディなのにピアノとしての機能面は本格的。
持ち運びができて " 弾きたい場所で弾きたい時に。 "
が実現できる満足度100%モデル。


P-105


希望小売価格: オープン価格
2012年10月 発売



こちらの魅力は何と言ってもこのスリムなボディ。
本体の寸法は、幅1326mm、高さ163mm、奥行き295mmで重量は11.7kg。


女性一人でも持ち運ぶことができる重さなので、
リビングから、寝室にー。屋内から屋外へー。


弾きたいときに、弾きたい場所で演奏できるのがとっても魅力で、
コンパクト部門では長い間多くの人に支持を受けているモデルです。


コンパクトながら中身もしっかり充実しています。


ヤマハの最高峰「CFX」のコンサートグランドピアノの音を収録した
「RGEスタンダード音源 」を採用しているので、
グランドピアノさながらの音色や響きを実感することができ、
グレードハンマースタンダード(GHS)鍵盤を搭載しているので、
アコースティックピアノに近いタッチを実感することができます。


また、10種類のスタイル演奏(伴奏付き演奏)で、
片手のみの演奏でも豪華な演奏を奏でることができます。


その他、USB to HOST端子を装備で、直接コンピューターとの接続が可能で、
ダウンロードした曲や、電子ピアノでの演奏をパソコン上で録音したりできます。


そして、AUX-OUT端子を搭載しているので、内部スピーカーだけでなく、
外部スピーカーにも接続することができ、自宅以外のパーティーや屋外のライブでも
迫力ある演奏をすることができ、重宝します。


希望小売価格は、オープン価格 となっていますが、
ネットショップでは3万円強?4万円程度で販売されているようです。


こちらのモデルはスタンドが標準装備されていません。
家ではスタンドが必要な方は、12,600円(税込) で別売り(P-155と共通)のスタンドも販売されています。

P-155


希望小売価格: オープン価格
2009年5月 発売



スリム設計なのにしっかりとした、ピアノ本来の安定感ある響きを実現したモデル。
カラーは、ブラック/マホガニー調、シルバー/チェリー調の2色から。


落ち着いた印象を受ける木目柄になっていて、単色で機械的な印象を受けるP-105と比べれば、
木の温もりが感じられリラックスして演奏できそうです。


本体寸法は幅1334mm、高さ140mm、奥行き351mm、重量18.6kgのスリムな設計となっていますが、
P-105の重量が11.7kgで女性でも持ち運びできる重さに対して、このモデルは18.6kgあり、
女性が持ち運べる微妙なボーダーラインで、どこでも持ち運びしたいという方は、
同じぐらいの重さのもので運べるか試してみたほうがよさそうです。


また、P-105と大きく違うのが、「ピュアCF音源」を採用している所。


ヤマハのコンサートグランドピアノの響きを1音1音きめ細かく録音して音が作られているので、
高音から低音まで、響き、タッチによる音色変化がグランドピアノの様に繊細に再現されています。


それに加え、鍵盤から指を離した時の繊細な音も再現する「 キーオフサンプリング 」、
ダンパーペダルの踏み込んだ時の弦や響板の共鳴をリアルに再現する「 サスティンサンプリング」、
ダンパーペダルを踏みながら演奏した時の広がりを再現した「 ダンパーレゾナンス 」
でよりグランドピアノに近い演奏ができます。


プリセットの音色は17ありますが、ピアノとしての響きなどを重視したい方はこちらのモデルがオススメです。
希望小売価格は、オープン価格 となっていますが、ネットショップでは7万円弱?10万円強で販売されているようです。


P-105同様、スタンドが標準装備されていません。
家ではスタンドが必要な方は、12,600円(税込) で別売り(P-105と共通)のスタンドも販売されています。


ヤマハのその他の電子ピアノ


Sシリーズ
CPシリーズ
ARIUS(アリウス)シリーズ
MODUS(モーダス)シリーズ
Clavinova(クラビノーバ) CVPシリーズ
Clavinova(クラビノーバ) CLPシリーズ



>>《最新版》電子ピアノおすすめランキングはこちら<<
価格帯別おすすめ電子ピアノ一覧

 

ヤマハの電子ピアノ

 

カワイの電子ピアノ

 

カシオの電子ピアノ

 

ローランドの電子ピアノ

 

KORGの電子ピアノ

 

電子ピアノ購入体験談

 

ピアノに関するコラム