電子ピアノは、ヤマハ・カワイ・ローランド・カシオ・KORGなどのメーカーから、 様々なタイプの商品が発売されています。価格もピンからキリ。

安いものはミニサイズのキーボードで3000円から、 高いものは60万円もする電子ピアノもあります。

「タッチの重さ」や「音の響き方」など、一言で「電子ピアノ」といっても種類によって全く違ってきます。

そこで、あなたの目的にあった電子ピアノを選べるよう、 価格帯別に電子ピアノおすすめランキングを作成しました。

ご予算に合わせたページをご覧になり、参考にしてみてくださいね。

↓ 価格帯別ランキング ↓


>>20万円以上の電子ピアノおすすめランキング
値段がするだけあって、性能や外観にもこだわりのある電子ピアノばかりです。

>>10万円から20万円の電子ピアノおすすめランキング
10万円以上の価格帯には、ヤマハ・ローランド・カワイ・KORGなど多くの高性能な電子ピアノがあります。 価格も価格なので、慎重に選びたいところです。

>>5万円から10万円の電子ピアノおすすめランキング
この価格帯(5万円から10万円)まで出せるのであれば、満足いく電子ピアノが購入できると思います。

>>1万円から5万円の電子ピアノおすすめランキング
この価格帯(1万円から5万円)でもタッチが比較的重く、コストパフォーマンスに優れた電子ピアノはあります。

>>1万円以下の電子ピアノおすすめランキング
1万円以下となると、普通の88鍵盤の電子ピアノはありません。
(1万円以下のものは、電子ピアノというより「電子キーボード」と呼ばれることが多いようです。)



ヤマハの電子ピアノ


・Clavinova(クラビノーバ) CLPシリーズ
YAMAHAと言えば、国内でトップクラスの楽器メーカーで、海外でも知名度は抜群。 グランドピアノやアップライトピアノの製造もしているだけあって、 YAMAHAの電子ピアノはタッチも音色のしっかりしていて安定感があると評判です。

・Clavinova(クラビノーバ) CVPシリーズ
CVPシリーズは、パソコンとアコースティックピアノが一緒になった性能の電子ピアノ。 CLPシリーズと比較すると、基本的な電子ピアノの性能を持ちつつ、 更に広く深く音を楽しむことができるモデルです。

・MODUS(モーダス)シリーズ
モーダスシリーズは、どのモデルも形・配色などが絶妙に洗練されたモダンなデザインになっており、 お部屋のインテリアをガラっと変えてしまうほど存在感のある造りになっているのが特徴。 プレミアムデザインなので、もちろんお値段もそこそこしますが、 他のどのシリーズよりも個性があってハイセンスです。

・ARIUS(アリウス)シリーズ
YAMAHAの電子ピアノの中で一番ベーシックなモデル。 飽きの来ないシンプルデザインで、必要な機能だけ装備しています。 家でのレッスン、はじめてのピアノに最適☆

・Pシリーズ
コンパクトでスリムボディなのにピアノとしての機能面は本格的。 持ち運びができて " 弾きたい場所で弾きたい時に。 " が実現できる満足度100%モデル。

・CPシリーズ
プロも愛用☆ハイクラスのシンセサイザーとピアノがコラボレーション☆ 優れた演奏性・機能を十分に満たすモデル。 YAHAMAが " ステージ・ピアノ " と位置づけているだけあって、 他の電子ピアノとは一線を画する存在。

・Sシリーズ
YAMAHAが" 世界中のミュージシャン&プレーヤー " の為に、 長年のシンセサイザー開発を経て作られた本格派モデル。

・ヤマハの電子ピアノ(公式)


カワイの電子ピアノ


・CAシリーズ
CAとは、"Concert Artist (コンサートアーティスト)"意味し、 コンサートグランドピアノを目標として作られたシリーズで、 KAWAI電子ピアノのトップブランド。

・CNシリーズ・ES7・LS1
価格を見ると、CAシリーズの下位版となりますが、 じっくり商品仕様を見てみると、あった方がいいなと思う機能はしっかり抑えてあり、 好みによる機能は省いてあるなど、買い手の需要をよく捉えて価格に表したシリーズだと思います。

・MPシリーズ・VPC1
カワイの電子ピアノの中で、" ステージピアノ " と位置づけられているシリーズ。 グランドピアノも手掛けるカワイだけあって、グランドピアノに近い手応えで演奏ができます。 2010年に発売以来、国内のみならず、欧米でも高い支持を得ているシリーズです。

・カワイの電子ピアノ(公式)


カシオの電子ピアノ


・セルヴィアーノシリーズ
セルヴィアーノシリーズは3機種あり、音源・タッチ・鍵盤種においては どれも同じものが採用されているので、ピアノのレッスンとして使用するならどれも同等でしょう。 ピアノ演奏以外でも幅広く楽しみたい方は、価格によって機能の付加があるので、 自分の欲しい機能があるか比較してみたほうが良いです。

・プリヴィアシリーズ
セルヴィアーノシリーズと仕様は大きく変わる部分はなく、 スタイリッシュでコンパクトが売りのプリヴィア。丸みがあって、 安定感ある落ち着いた雰囲気のセルヴィアーノ。

・光ナビゲーションキーボードシリーズ
光る鍵盤・音声ガイド・ディスプレイの3つのしっかりサポートで 着実に弾きたい曲をマスターできる初級者向きの61鍵盤のキーボード。 独学派のあなたに、お子さんがピアノと触れ合う第一歩に・・ とってもオススメのモデルです。

・ベーシックキーボード
その名の通り、カシオのキーボードで基本的な機能を満たしたシリーズ。 音色が豊富で自動伴奏機能も付いているので、初めて触れる楽器として最適☆ 難しい操作などはなく、1台で十分音を楽しむことができます。 レッスン機能も搭載しているので練習用にもオススメ。

・ハイグレードキーボード
音楽制作をしたり、ステージパフォーマンスをしたり、 様々な場面で活躍できるマルチプレーヤー。 カシオのキーボードの中では一番豊富な音色、エフェクト、リズムの数を誇り、 機能性抜群☆SDカード対応で、曲を保存したり読み込んだりする事が出来ます。

・ミニキーボード
ミニサイズで、小さなお子さんの指でも気軽に弾ける鍵盤で、音色やリズムも豊富です。 小さな子どもに馴染みの深い童謡などの内蔵曲を搭載しているので、 歌を覚えたり、踊ったり、BGMや子守唄にしたり・・。使い方が様々できるシリーズです。

・カシオの電子ピアノ(公式)



ローランドの電子ピアノ


・HP/RPシリーズ・LX-15
ローランドの電子ピアノの中では一番基本的な機能を持ったシリーズで、 アコースティックピアノとしての外観や性能を求める方におすすめです。

・スタイリッシュ・シリーズ
省スペースなので場所を取らずお部屋のインテリアも選ばないスマートでシンプルな外観です。 初心者から上級者まで幅広く対応できます。 購入する際は、機能的に似た、HP/RPシリーズと比較してみると良いです。

・デジスコアHPi-50・VIMA RK-300
「デジスコア」搭載で、ピアノレッスンや演奏することがとっても楽しくなる個性派モデル。 ピアノ教室に通う必要なし!! これ1台あれば独学でのピアノ練習が実現できます☆

・デジタルグランドシリーズ
音、タッチ、機能、デザインすべてに粋をきわめた 最高峰のデジタルピアノを探している方に満足できるシリーズ。

・ローランドの電子ピアノ(公式)



KORGの電子ピアノ


・tinyPIANO・microPIANO
25鍵盤の小さな外観は、アコースティックピアノをぎゅっと小さくしたような、 キュートなデザイン。色はブラック(BK)、レッド(RD)、ピンク(PK)、ホワイト(WH)の4色から。 鏡面仕上で高級感あふれる仕上げになっています。

・SP-170S・SP-170DX・LP-380・LP-350
数ある電子ピアノメーカーの中でも一際コストパフォーマンスに 優れているコルグのシンプル&スタイリッシュモデル。 コルグのスタンダード電子ピアノの中で一番ベーシックなモデルです。 一般的な電子ピアノの造りで、シンプルで無駄のない印象の外観です。

・Paシリーズ
自動伴奏機能と、高品位なスピーカーを内蔵した61鍵盤のスタイリッシュキーボード。 世界レベルのアレンジャーがプログラムした304種類、最大8楽器分の高度な自動伴奏機能を搭載。 お気に入りの曲をかっこよく弾くことができます。

・KORGの電子ピアノ(公式)



電子ピアノ購入体験談


・【30代男性編】KORGの電子ピアノ購入の口コミ&ピアノ練習日記
このページでは、私の友人の30代男性の電子ピアノ購入体験談をご紹介します♪ いきなりピアノを始めたくなった彼は、30代でピアノを始め、 独学で電子ピアノで日々練習に励んでます。 それでは、書き手バトンタッチします。よろしくお願いしまーす。

・【当サイト管理人編】カシオの電子ピアノの口コミ&練習記録
電子ピアノを買おうと思ったのは何年か前にさかのぼるんですが、 結婚してアパートへ引っ越したのがきっかけです。 それから出産の数ヶ月前に仕事を退職して、自分の時間がたくさんできたのにも関わらず、 身重で思うように動くことができなかったので、どんどんインドアになってしまいました・・(´・ω・`)


↑ 価格帯別 電子ピアノおすすめランキングへ戻る ↑



電子ピアノの選び方


電子ピアノは、カワイ・ヤマハをはじめとして、 ローランド・カシオ・KORGなど、いろいろなメーカーの商品があり、 価格帯によっても大きな違いがあります。

電子ピアノを選ぶ際には、まずは楽器店などに足を運んで、 実際に複数の電子ピアノを弾いてみることをオススメします。

実際に自分の手で弾いてみないと分からないこともたくさんあるからです。

その後、購入する際には、楽器店でそのまま購入してもよいですが、 同じ商品がアマゾンなどの通販で買うと、安く買えることもあります。

お目当ての電子ピアノの価格は、一度アマゾンでチェックをしておきましょう。


電子ピアノ VS アップライトピアノ 電子ピアノのメリットとは?


電子ピアノと通常のアップライトピアノ。 どっちを買おうか?と迷っている方もいらっしゃると思います。

そこで電子ピアノとアップライトピアノを比較して、 電子ピアノのメリットと言える部分について見ていきましょう。

メリットその1:ヘッドフォンをすれば周りに聞こえなくなる。


電子ピアノを購入する方の多くがこのメリット目的と言ってもよいかもしれません。 住宅事情であったり、夜や早朝にピアノを弾く機会の多い方の場合、 アップライトピアノを買って自宅で弾くのはなかなか難しいですよね。

通常のピアノであっても消音ユニットをつけることによって、 音を消して練習できますが、けっこうな金額がかかります。

ご近所さんへの迷惑というだけでなく、一緒に暮らす家族のことも考え、 電子ピアノを選択されるという方もいらっしゃいますね。

メリットその2:低価格


電子ピアノはアップライトピアノよりも当然安く買えます。 中には50万円もする電子ピアノもありますが、そんな高額な電子ピアノを買う方はまれですね。 実際、売れ筋の価格帯は、1万円から10万円ぐらいの商品です。
(参考ページ:1万円から5万円の電子ピアノおすすめランキング5万円から10万円の電子ピアノおすすめランキング

本来であればアップライトピアノが欲しいけれど、経済的状況でピアノにそこまでお金を使えない。 そんな方にとっては電子ピアノはまさに救世主と言ってもよいかもしれないですね。

メリットその3:子供が本格的にピアノを始めるまでの準備期間に最適


子供が習い事として、もしくは遊びとしてピアノを始めたいという場合、 今後も続けるのかどうかまだ分からないのに、高額なピアノを購入するのはまだ早い。

そんな状況のご家庭はかなり多いと思われます。

そんな時電子ピアノであれば、数万円も出せばそれなりのモノが買えます。 本格的にピアノを始めるまでの準備期間に電子ピアノは最適と言ってもよいでしょう。

小さいお子さんの場合には、数千円のミニサイズの電子キーボードを買ってあげて、 まずはピアノを楽しむ・音を楽しむところから始めさせてあげるのもいいですね。 (参考ページ:1万円以下の電子ピアノおすすめランキング

メリットその4:少ないスペースでも置ける・移動できる


電子ピアノはアップライトピアノに比べればかなりコンパクトです。 場所をあまりとらないので、弾かない時にも邪魔になりません。

また、アップライトピアノは自宅に一度置いてしまえば移動させるのは困難ですが、 電子ピアノであればモデルにもよりますが比較的簡単に移動させることができます。

友人宅へ持っていって弾いたり、パーティー会場へ持って行って弾く、 ということもできなくはありません。


電子ピアノ VS アップライトピアノ 電子ピアノのデメリットとは?


電子ピアノのメリットをあげてきましたが、もちろんデメリット的な側面もあります。 以下、参考にしてみてください。

デメリットその1:ピアノとはタッチが違う。


まず通常のピアノと電子ピアノは全く違う楽器と考えておいたほうが良いです。 一番の違いと言っても良いのが「タッチの感覚」です。

電子ピアノばかり弾いていてたまにアップライトピアノ・グランドピアノを弾いてみると分かりますが、 ピアノのほうがタッチは重いですし、感覚もだいぶ違います。

ただ電子ピアノの中にも、比較的タッチが重めに設定されているモノもあります。 通常のピアノに似た感覚のタッチを電子ピアノに求める方は、 タッチが重めの電子ピアノを選ぶのも1つの方法です。

(参考ページ:1万円から5万円の電子ピアノおすすめランキングのページの1位の電子ピアノは比較的タッチがしっかりしていると評判です。)

デメリットその2:ピアノとは音の響きが違う。


電子ピアノの中にはグランドピアノの音源を採用していたり、 音の強弱もけっこうつけられたり、という優れた商品もあります。

ですがやはり、生ピアノとは音の響きは全然違います。 音にこだわりたい方は、電子ピアノよりも生ピアノのほうがいいに決まってます。

特に子供に真剣にピアノを続けて行って欲しいという場合には、 なるべく早い段階で電子ピアノではなく生ピアノを買ってあげたい所ですね。

(参考:電子ピアノには商品ごとに、64・128・256などの「最大同時発音数」というものがあります。  弾いていてこの数を超えると、最初に出した音から順番に消えていってしまいます。)

電子ピアノのメリット・デメリットまとめ


以上で見てきたように、電子ピアノにはメリットもあればデメリット的側面もあります。 あなたの置かれている状況・住宅環境・経済状況など総合的に考えて、 電子ピアノかアップライトピアノかどちらを購入するかの判断を慎重にしてみてくださいね♪

↑ 価格帯別 電子ピアノおすすめランキングへ戻る ↑



更新情報

2015/4/2 TOPページ更新
2014/5/9 嫌いだったエレクトーン。でも今は感謝してる。を追加。


価格帯別おすすめ電子ピアノ一覧

 

ヤマハの電子ピアノ

 

カワイの電子ピアノ

 

カシオの電子ピアノ

 

ローランドの電子ピアノ

 

KORGの電子ピアノ

 

電子ピアノ購入体験談

 

ピアノに関するコラム